Latest Looks & Styles 機械式時計は一生モノ!使用時の注意点とメンテナンスを知って長く使おう

機械式時計は一生モノ!使用時の注意点とメンテナンスを知って長く使おう


機械式時計を着けているときの注意点

機械式時計は全て手作業で作られるために、手頃な価格で販売されることはほとんどありません。しかし、定期的にメンテナンスを行うことで一生使い続けられますし、子どもや孫にまで引き継ぐことも可能です。
日頃の注意点は、強い衝撃を与えないことです。衝撃によって、中で繊細に組み合わさっているパーツにずれが生じる可能性があります。
それに加えて、磁気にも要注意です。事務用品などのマグネット類であれば目に見えてわかりやすいですが、磁気は家電製品やデジタル機器からも発生しています。ですから、時間がずれたり止まったりするトラブルが起きたときは、磁気の影響を疑うといいでしょう。磁気を発するものから15cmは離したほうが良いと言われているので、パソコンやスマホを使うときは気をつけてください。
それから、温度変化によって内部の金属が膨張縮小し、時間が遅れたり進んだりすることもあります。

普段のメンテナンスと3年に一度のオーバーホール

機械式時計はステンレススチール製であっても、長い時間汗や水分の汚れが付着しているとサビの原因になります。ベルトのコマとコマの間や留め金など、汗などの汚れが溜まりやすい部分は使い古した歯ブラシなどを使って掃除するといいでしょう。
そして、どれだけ大事に使っていても、定期的なオーバーホールが必要です。これは部品を全て分解して、掃除したり部品を交換したり潤滑油を差したりするメンテナンスです。経年劣化した部品のまま使い続けると時計の精度が狂い、早く止まってしまうことがあります。頻度は、3~4年に一度が目安です。機械式時計は精度が命なので、正規店に依頼するのが安心です。

グランドセイコーとは何なのでしょうか。セイコーは有名な日本の時計メーカーですが、その中のトップブランドという扱いです。

グランドセイコーのクロノグラフとは
グランドセイコーの価格はこちらから