Latest Looks & Styles 紙巻きタバコはもう古い?電子タバコの上手な使い方を把握しよう!

紙巻きタバコはもう古い?電子タバコの上手な使い方を把握しよう!


カートリッジの交換で色々な風味を楽しめる

電子タバコはカートリッジ内に封入した薬剤を専用の電熱器で加熱し、発生した蒸気を吸引する嗜好品です。紙巻きタバコの代替品として販売され、現在ではリーズナブルで健康を損なわない趣味のアイテムとして普及しています。電子タバコはカートリッジを装着して吸引する仕組みですが、使用中でも交換ができるのが大きな特徴です。使いかけでも品質が劣化しないので、様々な風味を交互に楽しむことができます。その点が空気に触れると風味が落ちてしまう従来の紙巻きタバコには無い利点です。

メーカーごとに使い方が異なる点を注意する

電子タバコはいくつものメーカーから販売されていますが、その構造は大きく異なります。加熱で生じた蒸気を吸引する仕組みは同じですが、蒸気の発生源である薬剤の扱い方に違いがあるのです。専用のカートリッジに薬剤を封入し、そのカートリッジごと加熱する構造になっている電子タバコが最も広く普及しています。手軽に扱うことができますが、カートリッジは使い捨てなので使う度に新しく購入する必要があります。電子タバコの本体に薬剤を直接注入する構造の物もありますが、安価で購入できる一方で注入する量を調節する手間がかかる欠点があります。価格や耐用年数にも違いがあるので、自分の喫煙スタイルに適している物を選ぶのが快適に使うためのコツです。

電子タバコが使えない場所もあるので注意が必要

電子タバコは紙巻きタバコのようにタールやニコチンなどの有害な成分は含まれていませんが、それでも多くの公共施設や多数の人が出入りする場では使用が禁止されています。紙巻きタバコと誤解されやすい他、電子タバコの臭気が不快感をもたらす可能性もあるためです。電子タバコを気持ち良く楽しむには社会的なマナーに沿って扱うことが重要になります。

リキッド(液体)補充式の電子タバコでは、蒸気を発生させるためのパーツやリキッドの消耗が激しくなってしまうものの、盛大に蒸気を発生させて楽しむこともできます。