Latest Looks & Styles 電子タバコは味が変えられる?使い捨てタイプはないの?

電子タバコは味が変えられる?使い捨てタイプはないの?


リキッドの種類が変更できるタイプ

一般的な燃焼式のタバコを購入するとき、自分の好みの銘柄などを選ぶ必要があります。購入すると何本か入っていますがその中に入っているものの味はすべて同じになっていて、違う味のものを吸いたいなら別の銘柄を別途購入する必要があります。では電子タバコを利用するときはどうかですが、本体部分とリキッドがあり本体部分は色々なリキッドに対応しています。好みの味のリキッドを購入しておき、その時の気分でリキッドを充填して吸えばいろいろな味を楽しめます。リキッドを充填する部品をいくつか用意してそれぞれに違うリキッドを入れておけば、それを入れ替えるだけで味を変えられる便利さがあります。もちろん一つの味のリキッドのみを楽しんでも構いません。

使い捨てタイプはどうやって使うか

一般的な電子タバコといえば、本体とリキッドを購入してリキッドを本体に充填して使います。もう少し手軽に楽しめる電子タバコとして使い捨てタイプがあるので利用を検討しても良いでしょう。一般的なタバコのような箱に入ったタイプは五本ほど入っていて、一本ずつばらの状態で売られたりもします。形は一般的なタバコのようなスティックタイプで、価格は一本当たり500円から千円ぐらいが多いでしょう。オンにすると水蒸気が出てくるのでそれを吸って楽しみ、吸い終わりたいときはオフにしておきます。電気を使うものの予め充電されているので新たに充電する必要はありません。中のリキッドや充電がなくなったら吸えなくなるので捨てて買い直す必要があります。

電子タバコ「vape(ベイプ)」のメリットは、ヤニの汚れや臭いの心配がいらないことです。自分の好きなリキッドを使用することによって、さまざまなフレーバーを楽しむこともできます。

公式ブログ